強度や耐久性を考えたガスコンロの選び方

ガスコンロはじっくりと考えて検討しよう

ガスコンロの交換や新居にガスコンロを設置したい場合は、必ずガスコンロのサイズを測ってから購入することをおすすめします。サイズがわからないと購入しても大きすぎて設置できないこともありますので、購入した意味がなくなり損をしてしまいます。ガスコンロはサイズだけではなく、材質にもこだわって選んだ方が料理をする時に悩む心配もなくなるので、どのような材質が自分には適しているのかなどを考えて購入した方がいいでしょう。
耐久性や耐熱性に優れたものから、お手入れがしやすく価格が安いものまで幅広く種類がありますので、じっくりと検討することをおすすめします。魚焼きのグリルにも焼き加減の種類があり、片面焼きや両面焼きの機能などがありますので、そちらもこだわりたいのならじっくりと考えた方がいいでしょう。ガスコンロを選ぶ時に一番大切なのが、ガスの種類とガス栓の形状です。こちらをきちんと把握しておかないといけません。
ガスの種類によってガスコンロの部品が異なりますので、知らないで勝手に取り付けたら事故のもとになりかねません。なので、わからない場合や取り扱うのが怖い場合は、近くのガス会社に連絡をしてガスコンロについて詳しく聞くといいでしょう。ガス会社でもガスコンロを販売しているところもありますので、そちらで購入して取り付けてもらうのもいいと思います。

据置ガスコンロの選び方

ガスコンロの本体、本体を作っているメーカーは様々あり、機種も昨日も多種多様なものがあります。せっかくガスコンロを設置するなら、自分の目的に合ったものを設置したいと思うのは当然の事だと思います。では、どんな機能があってどういった目的の方に選ばれているか、その辺りをみていきましょう。まずガスコンロには標準60cmタイプとコンパクト56cmタイプがあります。設置しようとしてるところがの寸法によって、標準タイプかコンパクトタイプかが決まってきます。
次にトッププレートを選びます。トッププレートは天板の事で材質によってグレード分けされ、強度も異なります。下のグレードからいくと、ホーロータイプ。ホーロータイプは値段も安価で、傷や熱に強い特性があります。次にガラスコートタイプ、強化ホーロータイプとも言われます。このガラスコートタイプはホーロータイプよりも値段ははりますが、ベースがホーロータイプなので、物を落としても簡単には割れません。カラーバリエーションも豊富で色味を楽しめます。
次にガラストップです。ガラストップはガラスのような透明感で見た目が美しく、耐久性、耐熱性に優れお手入れも簡単且つ下位グレードの物は焼き付け塗装を施され、塗装の剥がれがあるのに比べ、塗装では無いので、塗膜の剥がれの心配がありません。ただ、重いものを落とすと破損の可能性があります。強度、耐久性を吟味して良いもの選んで下さい。

Update List

2017年08月28日
新しいガスコンロの魅力とはを更新しました。
2017年08月28日
新品同様のガスコンロにするためのお手入れ法を更新しました。
2017年08月28日
定期的なメンテナンスが行える環境も大切を更新しました。
2017年08月28日
定期的にしておきたいガスコンロの掃除法を更新しました。

Recommended Article

新しいガスコンロの魅力とは

ガスコンロの魅力 家庭用のIHクッキングヒーターを導入しているキッチンは年々増えてきており、今までガスコンロを設置して…

More

新品同様のガスコンロにするためのお手入れ法

ガスコンロの設置とお手入れ ガスコンロを設置するには、ガスの接続口があれば可能です。ガスコンロ本体から接続口までホース…

More

定期的なメンテナンスが行える環境も大切

ガスコンロの正しい使い方 ガスコンロを新規で設置するときは、正しい使い方を知っておくことが大事になります。ビルトインと…

More

Copyright(C)2017 ガスコンロの正しい使い方と定期的なお手入れ法 All Rights Reserved.